大抵の個人投資家というのはある一つの銘柄で大きく資産を増やすことができた人というのは多いのではないでしょうか。

自分の投資していた銘柄の株価が10倍になる、5倍になるという経験をすると、その勝ち分があるので、その後に投資が大胆にできます。

私も投資先の株価が5倍程度になった銘柄というのは何銘柄かあります。

そのような小さな成功体験というのは自信のない個人投資家にも自信をつけさせ自分の購入した株をすぐに売らずにある程度持つ握力を与えてくれます。

もちろん、初めから10倍になる株が分かればそれだけに集中投資すればいいのでしょうが、私にはそこまでの臭覚はありません。

ですから、私は投資先を数銘柄選んで投資を行なっています。

つまり、株価が大きく上がるまで売らないという投資スタイルは大きくもうけることができますが、この方法が使えるのは株価が安きときに株式を購入しないといけないので、今のような株が高いときには向かない投資方法です。

投資というのは全く成長せずに簡単な相場のときだけ株を買ってほっておくだけでお金が増えるので、基本的にIQが高いかどうかなんてほとんど関係がありません。

ただ、愚直に投資で勝てる方法だけをやればいいのです。

その方法というのは非常に単純です。

世界的に株価が下げて日本の株式市場で上場来安値の銘柄が多くなったときにそれらの銘柄を仕込むのです。

その株が上がるのをただ待つだけです。

もちろん、上場来安値の銘柄ならば何でもいいというわけなく、しっかりと毎年配当金を出し、利益を出し続けている銘柄を購入するのです。

兎に角利益を出し続けているにも関わらず、株価が下げているだけの銘柄を選ぶのです。 これだけで簡単にもうけることができます。

もちろん、このような退屈な投資方法というのは株式投資がうまくない人でももうかる方法であって、投資に才能が有る人はこのような方法ではなくオリジナルの方法で株式投資をやったらいいのではないかと思います。